カメラが増えた話

先日初めてのおちんぎんが入ったたろしょーです。

わぁい、おちんぎん!

 

α7Ⅲで使う標準ズーム買わずになーにカメラ増やしてるんだって言われそうですが、カメラを買った訳ではなく、文字通りカメラが増えた(つまり貰った)のです。というか、SEL24105G今2ヶ月以上待つとか長すぎでは…(結局TAMRONの28-75mmに落ち着きそうです。シャープで結構いいらしいので)

 

で、表題についてなんですけど、カメラを買ったわけではなく、頂いたと言うのが正解です。そのカメラとは2012年発売のCanon EOS Kiss X6iです。

f:id:Taroshowtime:20180512102748j:plain

Canonかつ、私が所有する中で最古のカメラとなります。キットレンズも貰って来たのですぐに写真も撮れるのでとりあえず撮れるには撮れるんですが…

このキットレンズ、USMどころかSTMでもなく、ジジジジジwwwwwジジジジジwwwwwと音を立てながらAFしてレンズ全長も動く、最近ではあまり見なくなった(個人差アリ)タイプのレンズでございます。このレンズで動きモノはMFじゃないとちょっと厳しいかな?

 

ただ、タッチパネル、バリアングル液晶をこの時代から装備しているとは流石Canonですね。どっかのS社とか未だに無いからな。

 

Kiss X6i用にレンズを拡充する予定は今のところ近い将来までにはないですが、MC-11を使ってα6300と共用させることが可能なSIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM、画角的に便利で軽めの望遠ズームであるCanon  EF70-300mm F4-5.6 IS II USMが気になっているところですかね。画角的にはSIGMAのライトバズーカも捨てがたいのですが、SEL100400GMを買ったときに画角が丸被りするため、70-300mmの方が良いかなと思った次第です。SEL70300Gと画角が丸被りじゃねーかと思うかもしれませんが、MC-11使用時だと連写時に制約があるため、素直に使い分けようということで、Kiss X6iでは超望遠を運用しないかな、というわけです。とか言いながら超望遠買ったとしたらCanonのカメラが増えているでしょうね。

 

まぁ、それより先に、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD→ SEL100400GM→SEL1635Zなんですがね…

 

…おちんぎんほしい