ご当地入場券ファイルの正しいレビューの仕方~北の無能なオタクより

ご当地入場券、いいですよね。

 

どうもたろしょーです。もうそろそろ記事を書かないといつ書けるかわからなくなるので、今回はこのネタをチョイスしました。鉄は熱いうちに打てって言うしね。

 

さて、11月に入りご当地入場券ファイルが再販され、当初はニセコエクスプレスのカードを付けたり、再販分が転売ヤーの餌食になったりと散々でしたが、最近供給が追い付いたようで、何よりという感じです。

 

某所ではなんか燃えてるらしいですけど…私は純粋なオタクなのでご当地入場券ファイルのレビューが最低条件ではないでしょうか?誰得なネタであることとこれを取り上げるタイミングをミスった無能な筆者に憤りを感じます。

 

では行きましょう。せーの、ドン!

f:id:Taroshowtime:20171114004509j:plain

おー↓おーぅ↑

 

すごく、高級そうですね。実際肌触りも良く、2,000円はボッタクリではないことが実感できますよーぅ。では、開封してみましょう。

 

ぶぅん♡

f:id:Taroshowtime:20171114005716j:plain

なにこれぇ。公式カタログと称したチェックシートになってるんですねー。べんりー

 

では、本体の中も見てみましょう

f:id:Taroshowtime:20171114004602j:plain

こーんな感じで、ファイルにコレクションシートが3枚分ついてきます。これでは入場券18枚分しかコレクションできないので…

 

f:id:Taroshowtime:20171114004544j:plain

そこでこいつです。5枚(入場券30枚分)入りで850円なんですが、ご当地入場券のコレクションシートをどんどん保存することが出来ます。ただ、ファイルが2,000円であることを考えるとコレクションシートに850円はドチャクソ高い。しかも、コンプリートするなら専用コレクションシートを3つ買わなきゃならないので、どこまで集めるかはキミタチシダァイ…

 

個人的には販売方法以外は満足でした。ちなみに進捗はこのブログを書いている時点で38駅です。

 

 

あとがき:私は行きか帰りに公共交通機関を使うという縛りで収集しています。先月車で美深に行ったはずなのですが、なんで美深駅のご当地入場券があるんでしょうかねぇ(すっとぼけ)